新年の抱負を漢字一文字で記す子どもたち=神埼市の王仁博士顕彰公園

あいさつをする松本茂幸神埼市長=神埼市の王仁博士顕彰公園

音楽に合わせて書道パフォーマンスを披露する神埼高の書道部員=神埼市の王仁博士顕彰公園

音楽に合わせて書道パフォーマンスを披露する神埼高の書道部員=神埼市の王仁博士顕彰公園

新年の抱負を漢字一文字で記す参加者ら=神埼市の王仁博士顕彰公園

新年の抱負を漢字一文字で記す参加者ら=神埼市の王仁博士顕彰公園

 新春書き初め大会が10日、神埼市の王仁(わに)博士顕彰公園で開かれた。書道教室の生徒や市民ら約100人が新年の抱負を、漢字一文字でしたためた。

 松本茂幸市長は「思い出に残るような一文字を書いて」とあいさつした。仁比山小3年の堀遥稀君は「サッカーで強くなれるように」との願いを込め、「強」の一字を選んだ。家族4人で「十人十色」を一文字ずつ書いた千代田中部小4年の増田凜さんは「堂々と書くように気を付けた。思ったようにできた」と満足げだった。

 作品は有田焼のキーホルダーにして、後日プレゼントする。神埼高書道部による音楽に合わせた書道パフォーマンスもあった。

 書き初め大会は、日本に漢字を5世紀初めに伝えたとされる王仁博士にちなみ、20年から毎年開いている。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加