佐賀県内最大の労働団体・連合佐賀(188組合、約3万3千人)の第88回中央メーデーが29日、佐賀市で開かれた。過労死や過労自殺が社会問題化する中、長時間労働の撲滅とワークライフバランスの実現を訴えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加