県内の新型コロナ感染者状況(1月8日現在)

新型コロナの県内感染者数(1月8日現在)

 佐賀県は8日、58人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの感染者数としては前日の1・6倍となり、新変異株「オミクロン株」の疑い例を含めて感染者が急増している現状を踏まえ、県は9日に対策本部会議を開いて今後の対応を協議する。

 クラスター(感染者集団)が発生している唐津市の飲食店「いざかや かんすけ」では、新たに利用客4人の感染が分かり、店舗に直接関係する感染者は従業員1人、利用客13人になった。利用客の友人1人の感染も判明し、関連の感染者は3人になった。

 8日に感染が判明した58人のうち、これまでに感染が分かった人との関連がない新規は23人だった。地域別でみると唐津市が31人と最も多く、次いで佐賀市の13人。年代別では、20代が21人と3分の1程度を占めている。

 県内での感染確認は延べ6008人になった。病床使用率は前日より5・7ポイント高い12・5%。重症者はなく、中等症患者は4人となっている。(円田浩二)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加