佐賀南署は8日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、福岡県大川市紅粉屋、自称会社員の女(25)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午前3時55分ごろ、佐賀市巨勢町牛島の市道で、酒を飲んだ状態で乗用車を運転した疑い。「時間がたっていたので、酒は抜けていると思った」と容疑を否認している。

 同署によると、パトロール中の署員が路上に停車している女の乗用車を見つけ、職務質問したところ、女の呼気から1リットル当たり0・37ミリグラムのアルコールを検知した。車には佐賀市の30代男性が同乗していたという。

このエントリーをはてなブックマークに追加