佐賀県西部広域環境組合は、構成する4市5町(伊万里、武雄、鹿島、嬉野、有田、大町、江北、白石、太良)の小学4年生を対象に「ごみ減量化・リサイクル推進」の標語を募り、入賞者を発表した。最優秀賞には鹿島市七浦小、天野初ういさんの「さい利用 すてない努力と つかう知え」が選ばれた。

 標語コンクールは、持続可能な循環型社会を実現するための啓発活動として初めて実施。「私たちにできるごみの減量、リサイクル」をテーマに作品を募り、応募2013作の中から入賞11作を選んだ。(青木宏文)

 他の入賞者は次の通り(敬称略)

 優秀賞 石隈汰一(福富)▽入選 宮内快(東山代)、山下舞華(山内西)、岩屋悠那(能古見)、本山結華(嬉野)、久保田麗菜(大山)、溝上ひよ莉(大町ひじり学園)、渕上莉弓(江北)、井崎凌雅(有明東)、早田拓真(大浦)

このエントリーをはてなブックマークに追加