ソウル・ゴスペルシンガーの新井深絵さん(提供写真)

 ソウル・ゴスペルシンガーの新井深絵さん(大阪府)が22日14時から、佐賀市の県立美術館ホールでコンサートを開く。力強い歌声で前向きなメッセージを発信し、温かく背中を押すステージで楽しませる。

 新井さんは1999年にゴスペル音楽と出合い、米ニューヨークやシカゴなどでゴスペルを学んだ。2005年にゴスペルアワードでベストソリスト賞を受賞、翌年にはカーペンターズのリチャード・カーペンターからパフォーマンスを称賛された。16年には、日本最大級のCM賞ACC賞でクラフト賞に輝いている。

 世界で愛される賛美歌「アメイジング・グレイス」やゴスペルの名曲「オー・ハッピー・デー」で本場仕込みの歌声を響かせ、オリジナル曲「サララ~生きよう~」も披露する。ラテンやジャズなど幅広いジャンルの楽曲を歌い上げ“歌の力”を伝える。

 チケットは全席指定で4800円。問い合わせはRO♪ONの会、電話0952(26)2361。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加