井関新氏

 任期満了に伴う4月の伊万里市長選に、新人で駐車場経営の井関新氏(66)=松島町=が7日、無所属で立候補する意向を明らかにした。市長選への出馬表明は3人目。

 井関氏は、三つどもえになった2018年4月の市長選に出馬して落選、2回目の挑戦になる。立候補の理由を「衰退していく伊万里を見るのが耐えられない。市を活性化させて持続可能な社会にするための改革が必要」と述べた。

 具体的には、少子高齢化対策を最重要課題として取り組み、大学の設置や難民の受け入れに向けた態勢づくりを公約にする。市が進める小中学校の再編計画に関しては「小学校を統合すると地域文化が廃れるので反対」と見直しを訴える。

 4月10日告示、17日投開票の市長選には、現職の深浦弘信氏(65)=1期、立花町=と、新人で市議の岩﨑義弥氏(44)=大川内町=が立候補を表明している。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加