原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を巡り、政府が提示する最終処分場の候補地として適性がある地域「科学的有望地」の名称を見直すことが27日、関係者への取材で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加