佐賀南署は7日、有印私文書偽造・同行使と詐欺未遂の疑いで、杵島郡江北町の教諭の男(44)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は7日午前11時55分ごろ、佐賀市若宮2丁目の金融機関で、不正に入手した他人名義の通帳と印鑑を使い、払戻請求書を偽造して現金8万5千円をだまし取ろうとした疑い。容疑を認めている。

 南署によると、男は佐賀市内の小学校に勤務。6日、同校で通帳を管理していた別の教諭から「通帳と印鑑がなくなった」と南署に届け出があった。

 出金状況や防犯カメラ映像などの捜査を進めていたところ、7日正午ごろ、金融機関から「捜査対象の口座の通帳を使って出金の手続きに来ている」と通報があった。6日までに引き落とされた形跡があり、余罪や動機を調べる。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加