坂田道孝さんの墓前で手を合わせる福岡淳二郎社長(右)、高橋義希クラブスタッフ(中央)、永井隆幸強化部長=佐賀市川副町の善興寺

 サッカー・J1サガン鳥栖の運営会社「サガン・ドリームス」の福岡淳二郎社長らが7日、クラブ設立に奔走し、2000年1月7日に亡くなった元佐賀県サッカー協会理事長の坂田道孝さん(享年54)の墓参りに佐賀市川副町の善興寺を訪れた。福岡社長らはサガン“生みの親”の坂田さんの遺徳をしのび、J111年目となる今季の活躍を誓った。

 墓参りには福岡社長のほか、永井隆幸強化部長やクラブスタッフの高橋義希さんらが訪れ、プロチームの県内誘致やサガン設立に情熱を注いだ坂田さんの墓前に花を供え、手を合わせた。福岡社長は「坂田さんは生前『サガン鳥栖は県民にとってなくてはならない存在になる』と語っていた。今年で設立25周年。さらに根付かせていきたい」と語った。

 サガンの背番号「17」は坂田さんの命日にちなみ永久欠番となっている。昨季限りで現役を引退し、クラブスタッフに転身した高橋さんは「坂田さんがいなければサガンは生まれなかったし、今の自分もない。クラブの歴史を知る大切な日」と話した。チームは8日に始動する。(古川公弥)

【関連記事】背番号17の存在

このエントリーをはてなブックマークに追加