炭鉱王と呼ばれた高取伊好(これよし)ゆかりの大正期の建物で、九州電力が保有している唐津市北城内の「舞鶴荘」の一部が改装され、「サービス棟」として生まれ変わった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加