※新型コロナウイルスの影響により、営業時間や休みが変更になる場合があります

豊かなコクと豚骨の甘み感じる絶品スープ

「ラーメン」(580円)。コシのあるストレートの細麺に豚骨の甘みを感じるスープとの組み合わせは、佐賀や久留米より博多ラーメンに近い
 

 

 神埼市の川久保鳥栖線沿いに、ラーメンと焼きめしの店「しょうちゃんラーメン」がオープンしました。久留米市の人気ラーメン店で10年間修業した店主の浅井将さんが、自身の出身地である神埼市で独立。「地元の人々に愛されるラーメン店にしたい」という思いで日々ラーメンづくりに励んでいます。

 豚骨の頭とゲンコツを20時間以上かけてじっくりと煮込んだスープは、しっかりとしたコクの中に感じる豚骨の甘みが特長。博多から取り寄せるストレートの細麺は適度なコシがあり、スープとの絡みも良好です。もう一つの看板メニュー「焼きめし」は、客の7割がセットで注文するという人気商品。チャーシューや卵などの具材とご飯を手早く炒め、ラーメンのタレで味付け。パラパラとした食感と香ばしい風味が自慢です。独自に配合した焼きめし用ソースや福神漬けで味変を楽しむのもおすすめ。(久保禎一)

 

「焼きめし(大)」(650円)。ラーメンとのセットは+600円
 
ベーカリー「こなぎぱん」隣にオープン。「焼きめしがうまいラーメン屋」との看板に偽りなし
こぢんまりとした店内は地元客を中心ににぎわう

DATA

住/神埼市神埼町尾崎3782-14
電/0952-52-2566
営/11:00-15:00 ※スープがなくなり次第閉店
休/不定
P/共同P利用
IG/shochan_ramen

このエントリーをはてなブックマークに追加