三養基高の美術部、書道部、写真部が合同で開いている作品展=みやき町の風の館

 三養基高(みやき町)の美術部、書道部、写真部の合同作品展が5日、同町の風の館で始まった。昨年の佐賀県高校総合文化祭に出品した作品など約50点が飾られ、来場者を楽しませている。14日まで。

 地域の人たちに手掛けている作品を紹介して活動を知ってもらおうと毎年開いている。15回目となる今回は1、2年生27人が出品した。

 会場には書道部が作品展のために制作した漢字なども並んだ。生徒たちの個性が反映された作品が多く、来場者は1点ずつゆっくり鑑賞していた。書道部部長の仁田こころさん(17)は「作品に込めた思いを感じてほしい」と期待を込めた。美術部部長の鶴田理子さん(17)は「他の部の人たちが頑張っていて刺激を受けた。隅々まで見てもらえれば」と話した。

 火曜休館。問い合わせは風の館、電話0942(94)5822。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加