生まれ育ったふるさとから橋を渡って旅立ち、帰ってくればいつも橋が迎えてくれた。町外れの橋には、ふるさとを捨てて出て行く時の思いと、帰ってきた時の思い、その二つが交錯する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加