年末のバドミントン全日本総合選手権男子ダブルスで準優勝した井上拓斗。「今年をパリ五輪への足掛かりの年にしたい」と決意を語る=佐賀新聞社

 バドミントンの全日本総合選手権(12月25~30日・東京)男子ダブルスで準優勝した井上拓斗(26)=東松浦郡玄海町出身=が4日、佐賀市の佐賀新聞社を訪れた。29歳で迎える2024年パリ五輪を目指す井上は、今年の目標に「世界ランク8位以内への足場固め」を掲げ、「さまざまな大会に出場する中で、故郷の人の応援が力になることを実感している」と感謝した。

 井上は家族の影響で2歳ごろからラケットを握った。玄海ジュニアクラブで全国大会上位に進出し、埼玉県の中学・高校に進学。インターハイ優勝や世界ジュニアダブルス2位に輝いた。社会人の強豪日本ユニシスに入社後も活躍を続けている。

 東京五輪の代表選考では世界ランク9位ながら、嘉村健士(唐津市出身)組など日本勢が上位に2チームいたため涙をのんだ。新たに会社の後輩の三橋健也とペアを組み、東京大会に出場できなかった悔しさを胸に、持ち前のスピードとプレーの先を読む力を武器に世界と戦っている。「ダブルスは経験が生きる競技。パリから2大会連続出場で東京の悔しさを晴らしたい」と夢を描く。

 パリ五輪の年は、県内を舞台に国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会が開かれる。国体に佐賀県代表として出場したことはなく、「五輪で活躍した後に佐賀のユニフォームを着て恩返しできれば」と語る。千葉県在住。(石黒孝)

このエントリーをはてなブックマークに追加