青森県の伝統の祭り「ねぶた」。その主役の巨大灯籠(とうろう)づくりを取り仕切るねぶた師は、体力仕事でもあり、伝統的に男たちの世界だ。そこに初めて切り込んだ女性は北村麻子、ただ一人しかいない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加