頂点に君臨し続ける王者の猛進に、ひるまず立ち向かい続けた。佐賀工は大会3連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)に持ち前の激しい守備で食らい付いた。「相手の波状攻撃とコンタクトの強さはすごかったが、タックルで踏ん張った。前後半2トライずつで抑えたことを評価したい」。枝吉巨樹監督は、体を張り続けた選手たちをねぎらった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加