佐賀県は3日、県内で新型コロナウイルスの検査を受けた東京都や神埼市の10歳未満から40代の男女5人が、新変異株「オミクロン株」に感染した疑いがあると発表した。いずれも軽症と説明している。県内でオミクロン株の感染疑い例が確認されるのは初めてで、ゲノム解析を進める。

 県によると、5人のうち東京都の4人は親子。神埼市の1人は、その親子の帰省先の親戚としている。親子は都内にいる同居家族から感染した疑いがあるとみており、「県内で市中感染が起きているとは考えていない」と説明している。

【関連記事】<詳報>オミクロン株感染疑い、佐賀県で初確認 帰省の家族ら5人 1月3日発表

このエントリーをはてなブックマークに追加