佐賀バルーナーズ―山形ワイヴァンズ 体を張って相手を止める佐賀の西川貴之(中央)。右奥はファイパプ月瑠=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)西地区の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は第15節の1、2日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館で山形ワイヴァンズと対戦。1日は80―67で競り勝ったが、2日は84―92で惜敗し、連勝は7で止まった。通算成績は15勝13敗で、同地区4位を堅持した。

 2日の試合で佐賀バルーナーズは、SF/PFマイルズ・ヘソンやPGレイナルド・ガルシアを中心に一進一退の攻防を繰り広げ、前半を39―40で折り返した。

 第3クオーターは相手に内側から高確率でシュートを決められ、58―63と5点を追う展開。最終第4クオーターは最大10点差を追い、一時3点差にまで詰め寄ったが、一歩及ばなかった。

 佐賀バルーナーズは第16節第2日の8日、埼玉県の越谷市立総合体育館で越谷アルファーズと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加