佐賀バルーナーズ―山形ワイヴァンズ シュートを決める佐賀のレイナルド・ガルシア=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館((c)B.LEAGUE)

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)西地区の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は公式戦第15節第1日の1日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館で山形ワイヴァンズと対戦。80―67で勝ち、連勝を7に伸ばした。通算成績は15勝12敗で同地区4位をキープした。

 佐賀バルーナーズは第1クオーターで16―17と競り合い、第2クオーターは一時7点を先行されたが、終盤に追い上げて32―32で前半を折り返した。

 第3クオーターは、SF/PFマイルズ・ヘソンとPGレイナルド・ガルシアを中心に、リバウンドやスチールから攻撃の流れをつなぎ、56―48とリード。最終第4クオーターはガルシアやSF西川貴之らが確実にシュートを沈め、さらに点差を広げた。

 佐賀バルーナーズは第15節第2日の2日午後2時から、同体育館で山形と再戦する。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加