寅(とら)年生まれの人口

 総務省が31日発表した2022年1月1日時点の人口推計によると、寅(とら)年生まれの年男、年女は計1025万人だった。総人口の8・2%を占める。21年中に20歳に達し、新成人となったのは120万人。14、16年の121万人を下回り、過去最少となった。

 寅年生まれを出生年別に見ると、団塊ジュニアとも呼ばれる第2次ベビーブーム世代で、22年に48歳を迎える1974年生まれが198万人で最多。12歳となる2010年生まれは約半数の106万人で、少子化が鮮明だ。【共同】

 2022年の佐賀県内の新成人は8749人で、前年より129人減った。

 新成人は2001年4月2日から02年4月1日生まれが対象。県が11月1日時点で調べ、市町別では佐賀市が最も多く2304人。次いで唐津市が1166人、鳥栖市が875人だった。最少は杵島郡大町町の64人。

 県内の成人式は1月3日の多久市、武雄市、西松浦郡有田町を始めとして9日まで開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加