中学生のころ、ゲームに声が入るようになり、声優という仕事を知りました。声優の専門学校は演劇経験者ばかりで「早まったな…」と。声優になってからは「自分の声は特徴もないし、だめかも」なんて思っていました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加