人の目を気にするタイプでした。人と違うのが恥ずかしかったです。 子どもの頃に見たテレビの人形劇やアニメで声優の仕事を知りました。それ以降、音読は役柄になりきっていました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加