鳥栖市の重要無形民俗文化財「宿(しゅく)の鉦浮立(かねふりゅう)」が4月29日、同市宿町の船底神社などであった。男衆が黄金色に光る鉦を高々と頭上に掲げ、威勢のいい掛け声とともに打ち鳴らした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加