地元住民や児童らが手作りしたイルミネーション=唐津市肥前町の切木小前

地域の人や児童たちが手作りしたイルミネーション=唐津市肥前町の切木小前

 唐津市肥前町の切木小学校前に15日、列車を模したイルミネーションが点灯した。地域住民や児童らが手掛け、地元を明るく照らしている。

 地域団体の「切木クラブ」の前田勝久さん(45)が昨年、市内の小学校で点灯を見たことから学校側に打診した。

 イルミネーションは高さ約2・5メートル、幅約25メートル。約8千球の電球が色とりどりに光る。車両の部分に飾られているハート、星などの装飾は児童が手作りした。

 6年生の濵口二胡さん、伊丹莉子さん、松本優希菜さんは「点灯した瞬間がきれいだった。見た人が元気になってくれたらうれしい」と声をそろえた。前田さんは「小学校の前は地元の人がよく通る。子どもたちが『自分たちがつくった』と自慢してほしい」と話した。

 来年1月末まで、午後5時~同10時に点灯する。(中村健人)