水俣病の公式確認から5月1日で61年になるのを前に、患者・被害者団体の連絡組織「水俣病被害者・支援者連絡会」は30日、熊本県水俣市で医療と介護の課題を考えるシンポジウムを開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加