神埼市脊振町広滝の岡段邸が「脊振人形の家」と題し、2日から一般公開される。享年88歳で亡くなった岡段澄子さんが集めていた約2千体の人形が約15年ぶりにお目見えし、愛らしい表情で来場者を出迎える。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加