欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタの100%子会社がある多久市の横尾俊彦市長は28日、経済産業省で世耕弘成経産相と面会し、事業再生に向けた対策の強化を要望した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加