仙台市は30日、東日本大震災の津波で被災し、津波の脅威や教訓を伝える震災遺構として整備を進めてきた市立荒浜小校舎の一般公開を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加