太良町大浦の社会福祉法人「佐賀西部コロニー」(竹下武幸理事長)がカブトムシの出荷を始め、28日に初出荷を行った。体長は平均8センチと例年並みに育っており、8月上旬までに1万2千匹の出荷を見込んでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加