点字ブロックが誕生したのは1967年3月18日。岡山市の発明家、故三宅精一さんがブロックを考案し、県立岡山盲学校近くの交差点に230枚が設置された日だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加