設置されたグランドピアノに触れる家族連れ=唐津市のJR唐津駅

 誰でも自由に弾くことができるピアノが、唐津市のJR唐津駅に設置された。佐賀県の「ピアノの駅」事業の一環で、より多くの人に触れてもらおうと県庁の県民ホールからグランドピアノを移設した。家族連れらが響き合う音色を楽しんでいる。

 設置したのはヤマハ製のコンサート用グランドピアノ「CF」で、1983年に購入された。事業は芸術文化の裾野を広げるとともに集う人同士の交流につなげるのが狙いで、ほかにも県に寄贈されたアップライトピアノを小城駅や佐賀駅、新鳥栖駅に設けている。

 唐津駅には6日に設置し、松尾奈津子さん(35)と長男の由ちゃん(2)が最初の利用者になった。由ちゃんは鍵盤を一つずつ押して音を鳴らし、奈津子さんは「おもちゃのピアノしか触ったことがないから楽しそう。本物の音色に触れられるのは親としてもうれしい」と話した。

 ピアノの利用は午前9時から午後7時まで。18日午後2時半にはお披露目イベントを開き、地元のピアノ教室の関係者や子どもたちが出演する。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加