マッシモ・フィッカデンティ氏、長谷川健太氏

 J1名古屋は9日、マッシモ・フィッカデンティ監督の退任と長谷川健太氏の監督就任を発表した。山口素弘ゼネラルマネジャー(GM)はオンラインで記者会見し「アカデミーとの連携を充実させたい」とユースから若手を引き上げて底上げし、より魅力的なサッカーを目指したい考えを明らかにした。

 関係者によると突然の交代の背景には、あと1年契約を残すフィッカデンティ監督が交渉でさらに1年の期間延長や年俸増額などの条件を提示。名古屋と合意できなかったという。

 イタリア出身の同監督はFC東京、鳥栖を経て2019年9月に就任。20年はJ1で3位となり、ACL出場権を獲得した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加