※新型コロナウイルスの影響により、営業時間や休みが変更になる場合があります

貝のうまみを引き出した貝白湯スープ

 
 

武雄店でしか食べられない「潮の雫」(800円)。佐世保バーガーの名店「ビッグマン」でも使われているというベーコンや、ホタテのトッピングが豪華

 

 長崎県佐世保市発祥のラーメン店が佐賀初出店。塩やしょうゆなど九州では珍しい“非豚骨系ラーメン”が人気を呼んでいます。スープのベースとなるのは、マテ貝やアサリ、ホタテなどから抽出したエキスに大豆の絞り汁を合わせた貝白湯(パイタン)。まろやかであっさりとした味わいながら、しっかりとした貝のうまみが楽しめます。コシのあるストレートの中細麺はなめらかな喉ごしで、スープとの絡みも良好。武雄店では、個性的な4種類のラーメンを用意しています。

 店主の一押しは、武雄店限定の「潮の雫(しずく)」。透明感のあるあっさりとしたスープに、ホタテやベーコン、揚げネギなどをトッピングしています。あぶったベーコンの脂がスープに溶け出し、香ばしい風味とうまみをプラス。揚げネギの食感と香りがアクセントになり、最後まで飽きさせません。大ぶりのエビが丸ごとのった「超人的海老(えび)潮」は、貝白湯スープに大量の焼きエビを使った特製ペーストをブレンド。口の中に豊かなエビの風味が広がり、コクのある貝だしと相まって濃厚な味わいが楽しめます。つるんとした喉ごしのエビワンタンのトッピングもエビ好きにはうれしいポイント。他にもスタンダードな「砦」(800円)や、あっさりしょうゆ味の「燻銀(いぶしぎん)」(850円)など個性的なメニューがそろいます。

 麺を食べ終えた後は、残しておいたスープに追い飯で「ダンクライス」(150円)を入れるのがおすすめ。めんたいソースやチーズ、バジルソースなど数種類あるので、好みでリゾット風やおじやにして楽しみましょう。

 
焼きエビをぜいたくに使ったスープがエビ好きを魅了している「超人的海老潮」(900円)
 
店内には小上がりのテーブル席もあり、子ども連れでの利用もOK

 

佐賀では珍しい貝白湯ラーメンを求めて、昼時には行列ができる人気店

 

DATA

らーめん砦(とりで) 武雄店
住/武雄市武雄町富岡7754-6 プリンステナントA号室
電/070-8566-5648
営/11:30-15:00(14:30L.O.)、18:00-23:00(22:30L.O.)
休/不定
P/あり ※15:00まで利用可、場所はSNSで確認を
IG/toride_takeo
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加