ニュージーランドのアーダン首相(ゲッティ=共同)

 【シドニー共同】ニュージーランド政府は9日、14歳以下の少年少女が生涯にわたって紙巻きたばこを購入するのを禁止する法案を来年提出することを明らかにした。電子たばこの使用は容認する可能性がある。2022年12月の成立を目指す。年数をかけ「たばこのない国」を目指すが、闇市場が生まれるとの批判も出ている。

 アーダン首相は記者団に対し「たばこの価格をこのまま上げ続けても、もはや禁煙を促す効果はない」と主張。「人々が最初から喫煙を始めないようにすることに集中する」と話した。

 法案は、低ニコチン以外のたばこの販売を禁止。禁煙に向けた取り組みを行政が支援する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加