【ロンドン共同】ジョンソン英首相は8日の記者会見で、新型コロナウイルスの新変異株オミクロン株の感染急拡大を受け、イングランドでの規制を一層強め、在宅勤務の再導入などを行うと発表した。7月に規制をほぼ撤廃した「ウイルスとの共生」の路線修正を迫られた。

 発表によると、今月13日から、できるだけ在宅勤務に切り替えるよう求めた。このほか劇場や映画館でのマスク着用が義務化され、ナイトクラブなど大勢が集まる場所ではワクチン接種証明が必要となる。

 英保健当局の8日時点の発表によると、オミクロンの感染者数は全土で新たに131人が確認され、計568人になった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加