【ベルリン共同】ドイツで8日、在任16年のメルケル首相(67)が退任し、政界を引退した。メルケル氏は同日、最後の記者会見に臨み、首相の職務について「波乱に満ちた困難なものだが、この国に責任を負うことは最も素晴らしい仕事の一つだと思う」と述べ、同席したショルツ新首相(63)にエールを送った。