【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は8日、中国の元副首相に性的関係を迫られたと告白した同国の女子テニス選手、彭帥さんの安否が懸念される問題で、女子テニス協会(WTA)が指摘している強制や脅迫の可能性を否定した。

このエントリーをはてなブックマークに追加