個展を開いている加茂賢一さん=佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリー

 動物や植物を独創的に描く加茂賢一さん(45)=唐津市相知町=の個展が、佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリーで開かれている。原色を使った細密な点画や大胆に描かれた人物画など60点を並べ、訪れた人たちを楽しませている。12日まで。

 加茂さんは社会福祉法人東京コロニーが設立した障害者アーティストを支援する「アートビリティ」の登録作家。約10年前にそううつ病で入院していた病院の作業療法で絵画を始めたのをきっかけに、独自の絵画の世界を追求している。

 近作は、白い背景にマンドリルやコアラ、ラクダを細かい点描で表した。じっと見つめるまん丸でユーモラスな目が印象に残る。自画像や花々など明るい彩りの作品を展示し、加茂さんは「ギャラリーでの個展は初めて。見に来てもらい、感想を聞かせてほしい」と話す。11、12日は在廊し、無料で似顔絵を描く。(福本真理)

このエントリーをはてなブックマークに追加