採用担当者からの説明を熱心に聞く高校生=武雄市の白岩体育館

 卒業後の進路について考え始める高校2年生を対象に佐賀県内の企業の概要などを紹介する合同説明会が8日、武雄市の白岩体育館で開かれた。県西部などの5校から約400人の生徒が参加し、各企業のブースで担当者の説明に熱心に耳を傾けた。

 参加企業は製造業、食品加工、住宅関連など75社。採用担当者は業務内容や福利厚生などを説明し、職場の動画や取り扱っている商品を見せながらアピールした。造船関連の企業の説明を受けた嬉野高の男子生徒は「まだどんな方向に進むか決めてなかったので、イメージが湧いてきた」と話した。

 合同説明会は、県内の就職や進学を促す目的で県産業人材確保プロジェクト推進会議が主催した。14日は唐津市文化体育館で合同説明会を開き、併せて県内専修学校などの進学説明会もある。同市北波多社会体育館で建設業関係の企業説明会も行う。(澤登滋)

このエントリーをはてなブックマークに追加