政府は8日、医療機関に支払う診療報酬に関し、2022年4月の見直しで、医師や看護師の人件費や技術料に当たる「本体」部分の改定率を微増とする方向で調整に入った。複数の政府関係者が明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加