ジョンソン英首相(奥右)とラーブ副首相(奥左)=7日、ロンドン(ロイター=共同)

 【ロンドン、北京共同】ジョンソン英首相は8日、下院で来年2月の北京冬季五輪について「事実上の外交ボイコットだ。閣僚らを送る計画はない」と述べた。既に中国による人権侵害などを理由にボイコットを表明している米国とオーストラリアに追随した形で、中国が一段と反発を強めるのは必至だ。

 中国外務省の汪文斌副報道局長は8日の記者会見で、米国に続いて外交ボイコットを明らかにしたオーストラリアに「強い不満と断固とした反対」を表明。「やみくもに追随した」と批判した。抗議として厳重な申し入れも行った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加