【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は7日、理事会第1日の審議で北京冬季五輪の競技規則を承認し、新型コロナウイルスの影響で選手やチームが競技を欠場した場合は失格にしないことが決まった。東京五輪と同じ対応策で、決勝の進出者が出場できなくなっても銀メダルが授与される。

 繰り上がりなどによる他の選手、チームの出場が可能であれば試合を実施する。

 サマランチ・ジュニア調整委員長は、全出場枠の74%が未確定だと明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加