36人が死亡した京都アニメーション放火殺人事件で、会社側が今月4日、京都市伏見区の現場跡地での慰霊碑建設に関し遺族との意見交換会を開いていたことが7日、同社代理人弁護士への取材で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加