今年話題となった時の人を描いた「変わり羽子板」。米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(右)や日本ハムの新庄剛志監督(左)ら13人がモデルに選ばれた=7日午前、東京都台東区

 今年話題となった時の人を描いた年末恒例の「変わり羽子板」が7日、人形メーカーの「久月」本社(東京都台東区)で披露された。今回で36回目。モデルは、米大リーグのア・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いたエンゼルスの大谷翔平選手や、東京五輪・パラリンピックの金メダリストら計13人。

 スポーツ関連は東京五輪で二つの金メダルを獲得した競泳大橋悠依選手や、パラリンピック金メダリストの車いすテニス国枝慎吾選手ら計8人。大谷選手は2回目、北海道日本ハムファイターズの新庄剛志監督は3回目の登場となった。

 他には岸田文雄首相、ノーベル物理学賞の真鍋淑郎さんら。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加