2022年4月の吉野ヶ里町長選に出馬表明した現職の伊東健吾氏

 任期満了に伴う来年4月の吉野ヶ里町長選で、現職の伊東健吾氏(74)=1期、豆田=が6日、再選を目指して立候補する考えを町議会一般質問で明らかにした。

 伊東氏は、馬場茂議員の質問に「行政には(旧三田川町役場で)18歳からお世話になり、指導をしてもらった」などと述べ「そういうものを生かして皆さんの力になれるように頑張りたい」と意欲を示した。次期町長選への出馬表明は伊東氏が初めて。

 態度表明後の記者団の取材には、統合庁舎をはじめとした公共施設の集約や、前回選挙時から公約に掲げている給食センター整備に力を入れると説明した。

 伊東氏は神埼高卒で、1966年に旧三田川町役場入り、下水道課や企画課の課長を歴任した。2004年、合併前の三田川町長選で落選し、その後、吉野ヶ里町議や議長を経て18年3月の町長選で初当選した。

 町長選は4月5日告示、10日投開票の日程で実施される。12月1日現在の選挙人名簿登録者数は1万3131人(男性6355人、女性6776人)。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加