記者会見するサキ大統領報道官(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米政権は6日、来年2月の北京冬季五輪・パラリンピックに政府代表を派遣しない「外交ボイコット」を発表した。中国当局による新疆ウイグル自治区などでの人権侵害に抗議する姿勢を示す狙い。選手団は通常通り参加する。各国に同調の動きが拡大するとの見通しを示しており、日本は難しい判断を迫られる。

 新型コロナウイルス流行下、国の威信をかけて冬季五輪に取り組む中国は対抗措置を警告。在米の中国大使館は6日「北京五輪は何ら影響を受けない。成功裏に開かれる」とツイッターで反発した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加