霞が関の官庁街(手前)。左奥は国会議事堂=東京都千代田区

 政府、与党は6日、2022年度税制改正の焦点である住宅ローン減税の概要を固めた。21年末で期限が切れる制度を4年間延長し、所得税と住民税から差し引く控除率は年末のローン残高の1%から0・7%に引き下げる。一般的な新築住宅の場合、22年から当面の措置として、残高の上限を現行の4千万円から3千万円とする一方、原則10年としている減税期間は13年に延長する。

 住宅取得者が受ける減税規模は、これまでの最大400万円から最大273万円に縮小する。対象者の所得要件は現行の3千万円以下から2千万円以下に引き下げることも固まった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加