第44期佐賀県アマ囲碁最強者戦六段大会の決勝を戦う古賀伸也さん=佐賀市駅前中央の日本棋院佐賀中央支部

 第44期佐賀県アマ囲碁最強者戦の六段大会が5日、佐賀市駅前中央の日本棋院佐賀中央支部で開かれた。13歳から84歳までの30人が盤上で火花を散らし、決勝では古賀伸也さん(32)=鳥栖市=が、吉田昭男さん(79)=同=を中押しで下し、優勝した。

 決勝戦は握って古賀さんの先番。黒は互い小目、白は星と小目の組み合わせでスタートした。序盤は黒が三隅を占めて地で先行。白は辺に展開して模様を意識した布石で進行した。

 中盤にかかる時に白が上辺の大場に回り、黒が肩ツキした手から攻防が始まった。中央へ向かって競り合いとなったが、石の連絡をめぐって白の吉田さんに錯覚があり、先手を得た黒はまだ眼のない左上隅の白の大石を攻め上げ、しのぎを許さず快勝した。

 古賀さんは昨年の五段大会に続き、六段大会も制覇。「相手のミスを冷静に突くことができた。優勝は本当にうれしい。前期最強者の橋口正さんとの対決を目指して勝ち続けたい」と力強く語った。

 パラマス戦は古賀一郎さん(初二段大会準優勝、佐賀市)ら4人が勝ち進んだ。六段大会上位者との優勝大会は、来年2月6日に開催予定。(武田和也)

 

 成績は次の通り(敬称略)

 ▽1回戦勝者

 北原忠則(佐賀市)古賀健一郎(同)岡島正治(小城市)園田章(佐賀市)梅﨑秀之(同)吉田昭男(鳥栖市)永原醇英(佐賀市)齋藤俊弘(有田町)彌富邦彦(佐賀市)安東良寬(筑紫野市)瀬﨑博久(武雄市)大井信夫(神埼市)古賀伸也(鳥栖市)樋口駿(嬉野市)

 ▽2回戦勝者

 北原忠則、古賀健一郎、梅﨑秀之、吉田昭男、齋藤俊弘、安東良寬、大井信夫、古賀伸也

 ▽準々決勝

北原 忠則 中押し 古賀健一郎

吉田 昭男 中押し 梅﨑 秀之

安東 良寬 目半 齋藤 俊弘

古賀 伸也 中押し 大井 信夫

 ▽準決勝

吉田 昭男 中押し 北原 忠則

古賀 伸也 5目半 安東 良寬

 ▽決勝

古賀 伸也 中押し 吉田 昭男

 ▽3、4位決定戦

安東 良寬 中押し 北原 忠則

 ▽5、6位決定戦

古賀健一郎 中押し 大井 信夫

 ▽7、8位決定戦

齋藤 俊弘 中押し 梅﨑 秀之

 ▽パラマス戦

高野 政義 半 目 上村 心人

(五段(1))     (三段(1))

久石 祥浩 中押し 田中 建吾

(五段(2))     (四段(3))

古賀 一郎 中押し 小池 英志

(初二段(2))    (五段(3))

姉川  響 中押し 辻 博俊

(四段(1))     (五段(4))

このエントリーをはてなブックマークに追加