ミャンマー・ヤンゴン、ネピドー

 【ヤンゴン共同】ミャンマー最大都市ヤンゴンで5日朝、国軍のクーデターに抗議する若者らのデモ隊に国軍の車両が後方から突っ込み、ネットメディア「ミャンマー・ナウ」によると、少なくとも5人が死亡した。国軍は発砲したり、殴ったりしてデモ隊を解散させ、数十人が負傷した。車両突入は意図的とみられ、国軍によるデモの徹底弾圧が続いている実態が明らかになった。

 ミャンマーの人権団体「政治犯支援協会」によると、2月のクーデター後の市民弾圧により、これまでに1300人以上が死亡した。

 ミャンマー・ナウなどによると、デモ開始から数分後、国軍車両が後方から猛スピードで突っ込んだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加